TEXT

ピエール瀧はどんぐりおじさん

vol.18 離煙パイプ〜前編

「WE!」2006年1月号掲載



18小.jpg
今からおよそ一ヶ月前、渋谷の東急ハンズ店内をブラブラうろついていたオイラの目にあるモノが飛び込んできました。
『離煙パイプ〜ガマンもストレスもなく、あっさりタバコがやめられる』
聞き慣れない単語と、「またまたそんな〜」という宣伝文句に一瞬笑いそうになったオイラだったんですが(実際ちょっと笑った)、12600円という高いのか安いのかよくわからない値段設定と、「どんぐりおじさんで書こ。失敗談として」というライトな動機で購入&チャレンジしてみる事にしました。
オイラの喫煙歴は20年。ラッキーストライクを一日に2箱は吸い、禁煙チャレンジ経験はゼロ。煙草をやめた方が体にいい事は知っているが、いまいち止める理由が見当たらない。我慢しろとか言われるのが大の苦手。今回のチャレンジも、これで煙草を止められるとは全然思っていない。...こんな感じの、喫煙に対してかなりの甘えん坊状態からスタートです。
さて、この離煙パイプ。1セットに31本のパイプが入っています。それぞれのパイプには1〜31の番号が振ってあり、初日は1番、次の日は2番というように日替わりでパイプを変えていきます。
パイプの中程には極小の穴が空いていて、この穴がニコチンをカットする仕組みです。その穴を31日間かけて少しづつ大きくしていき、初日にたったの3%だったニコチンカット率を、最終日(31本目)には95%にまで拡大して、被験者をいつの間にかニコチン中毒から脱却させるという仕組みです。
毎日、気がつかない程度にミッションが進行しているので、味の面でもさほど違和感がなく止められるのが魅力だとの事です。今まで吸っていた煙草の銘柄そのままで良いし、パイプさえ使えば一日に何本吸ってもかまわないというルールが気楽です。
さて完全興味本位でスタートしたこの離煙パイプですが、この原稿を書いている時点(31番を使った2日後)で、なんとオイラ止めれてます!だははは!嘘みてぇ!...とはいってもまだたった2日なのでこれから吸っちゃう可能性も大なんですけどね。つーかね、今この原稿書いてて、オイラものすげー吸いたいんですよ!煙草の事ばっかり書いてるから!
う〜ん、せっかくなんで次回までこのネタ引っ張ってみます。次回までに吸っちゃってるかな〜?どうかな〜?